飲み薬が主流|痛みを感じやすい爪水虫は早めの治療が大切

治りにくい症状を改善

カウンセリング

皮膚科で行われている爪水虫の治療は飲み薬がメインであり、効果が高くて負担が少ないと人気があります。飲み薬は非常に有効な手段ではありますが、医師に使用不可と判断されれば処方されません。肝機能障害があったり他の薬を服用していたり、妊娠中や高齢の方もリスクが高くなります。

More Detail

皮膚科の早期の受診が大切

足

最近は情報伝達が発達して、以前よりも爪水虫の存在が周知されるようになっています。爪水虫の治療の問題点は、まず自覚症状が一般の水虫よりも、少ないということです。そうした点で皮膚科は、特徴をよく理解しています。したがって爪水虫が疑われるときは、皮膚科に早期に受診することが大切になります。

More Detail

水虫の最終段階とは

笑顔のナース

恥ずかしいからという理由で治療を後回しにしてしまう人も多いのですが、爪水虫は放置しておくことで手や身体などに感染したり、家族などにも水虫を広げてしまう原因になります。早めに治療を行うことで、完治を目指しましょう。

More Detail

知っておきたい治療法

フット

一般的な足水虫と異なる

水虫と聞くと強い痒みがあってジクジクとする水虫を思い浮かべますが、これは足水虫と呼ばれるものです。実は水虫には他にも種類があり、爪が厚くなったり変形したりする爪水虫があります。爪水虫は一見すると一般的な水虫のような症状がありませんので、ついつい見落としがちです。特に年齢を重ねると爪が自然に厚くなっていく人もたくさんいますので、爪水虫だと気付かずに過ごしてしまうことがあります。しかし、放置したまま症状がすすんでしまうと、爪の変形が酷くなって歩く時に痛みを感じるようになりますし、新たな水虫の原因になる可能性もあります。思い当たる症状がある場合にはなるべく早く受診して、適切な処置を行うことが大切です。

皮膚科で行われる治療

爪水虫の症状が出て受診すると飲み薬が処方されます。一般的な水虫である足水虫の場合には塗り薬が主に使われますが、爪水虫の場合には飲み薬が主流です。なぜ飲み薬が使われるのかというと、爪は硬いので塗り薬を塗ってもなかなか水虫菌まで届かせることができないからです。飲み薬なら体内に直接取り入れることができますので、内側から菌の繁殖を抑えることができます。皮膚科で処方される飲み薬は非常に高い効果を発揮します。長年爪水虫に悩んでいた人でも、一定期間続ければかなりの確率で良くなります。ただし、飲み薬が使用できないケースもあり、肝機能障害があったり妊娠していたり、他の薬を服用している場合には使用できない可能性があります。